クラウドコンピューティングCLOUD COMPUTING

Boxとは

「Box」は、米国Fortune500社の69%が利用する、ビジネスユース実績No.1のコンテンツシェア(ファイル共有)とコラボレーションのためのクラウドサービスです。場所やデバイスを問わず、様々なコンテンツへのセキュアなアクセスと情報の共有・活用を可能にします。
また、ユーザとIT管理者 の双方に支持される、使いやすくて安全性の高いファイル共有クラウドクラウドサービスでもあり、社内外の人々とこれまでにない新しい形でのビジネスコラボ レーションによって、業務生産性の飛躍的な向上やストレージコストの削減により、企業の競争力強化を支援します。2018年10月時点で世界87,000社の企業が「Box」を採用しています。

Boxのミッションは
働く人のコラボレーションを促進すること

コンテンツとコラボレーションの分野で業界をリードするBox

製品概要

コンセプト

昨今、モバイルやクラウドの活用が普及し、個人の「働き方」が急速に変化しています。ビジネスにおいても、社員はモバイルとクラウド環境を活用すること で、今までの「社内」「PC」という縛られた仕事環境から、「いつでも」「どこからでも」仕事環境にログインできるようになり、社内外のビジネスパーソン と、情報コンテンツをやりとり(ファイル共有)し、仕事のスピードUPを実現する「働き方」を手に入れつつあります。「Box」はこのような働き方をサポートし、ビジネスプロセスを改善し、業務効率、生産性、競争力の向上とビジネスの強化 を実現します。

ユーザ&IT部門に好まれるBoxとは

企業が自信をもち、かつ安心して社員にサービスを提供できるための、強固なセキュティときめこまやかな管理機能を実装するとともに、社員が「Box」に集約されたコンテンツに、いつでも・どこでも・マルチデバイスでアクセスできます。また、単なる企業向けファイル共有ク ラウドサービスではなく、 Salesforceをはじめとした1,400以上の世界的なクラウドビジネスアプリケーションとも容易に接続ができるため、「人と情報」をつなぐビジネスプ ラットフォームとしても利用可能。これらIT管理者・ユーザ、両方のニーズに応え、大幅な業務の効率化を図ることができます。

業界最高レベルのコンテンツエクスペリエンスを実現

<事例1 みらいパートナーズ様>

  • 会社プロファイル
  • 社会保険労務士法人 みらいパートナーズ
  • https://mirai-ptns.jp/
  • 所在地/熊本市南区近見8丁目6-29
  • 代表社員/三浦 修 氏
  • 事業内容
  • ・助成金の提案及び申請の代行
  • ・社会保険の新規適用
  • ・労働保険加入手続
  • ・就業規則作成
  • ・ルールブック作成 等
代表社員 三浦 修氏

セキュリティの高いクラウド環境下で、スムーズに情報共有。BOXは容量無制限のため、社内サーバのデータと、紙ベースで保存していた資料を全てデータ化しBOXに移行しました。データの共有はすべてWeb上の操作で完結し、業務の効率化につながりました。 また、Box上のデータには詳細なアクセス権限が設定できるため、セキュリティ面についても安心して利用ができます。インターネットに接続できる環境であればいつでもどこでも社内のデータを利用する事が出来るため、外出での営業活動もよりスムーズに行う事が可能となりました。

  • 導入前の課題
  • ・郵送、fax、メールでの情報共有に対するリスクマネジメントが出来ていない。
  • ・紙ベースでのデータが多い。
  • ・ファイルサーバのディスク容量の逼迫。
  • ・ファイルサーバのセキュリティ機能を最大限発揮できていない。
  • ・外出先から、社内データの参照ができない。
  • 導入後の効果
  • ・安心の情報セキュリティ対策
  • ・容量無制限
  • ・高性能な検索機能
  • ・Web上での簡単な情報共有による業務の効率化
  • ・詳細なデータへのアクセス権限設定

※詳細の情報はこちらからご依頼ください。PDF版事例紹介を送付いたします。

導入事例 (Box)

Salesforceとは

Salesforceとは、営業支援・顧客管理をトータルにサポートするシステムで本格的なSaaS型SFA/CRMシステムです。規模、業種業態を一切問わないソリューションとして多くの企業より高い評価を得ています。 理由として、低コストで利用できること、短期間で導入できることや様々な利用形態、業種業務にあわせたカスタマイズ、他システムとのインテグレーション、柔軟な費用と強固なセキュリティを持つシステム機能等があげられます。
Salesforceでビジネスを強くする

アプリケーション

クラウド上でさまざまなアプリケーションを構築することができます。独自のご要望への対応もこれまでの手法に比べ効率的な開発が可能です。

  • <実績>
  • 【企業様向け】
  • ・営業支援
  • ・顧客管理
  • ・パートナーコミュニティ
  • ・自動車整備工場向け車検・顧客管理
  • ・金券・チケットショップ 販売・在庫管理
  • ・介護事業者向け利用者管理システム
  • ・葬祭業向け顧客管理システム
  • 【自治体様向け】
  • ・制度融資支援システム
  • ・史料目録システム

<事例1 オートバックス浜線様>

オートバックス熊本浜線 有限会社ピストン

約11万件の顧客情報をクラウドで一元化、 データ紛失のリスクを改善しBCP対策を実現。マイカーの総合ケア・ステーションとしてお客様に満足していただけるサービスを目指します。

 全国のオートバックス全店の中で、自前で顧客管理をいち早く始めました。恐らく全店でも当社を含め数社ではないでしょうか。はじめはノート一冊からスタートし、その後年賀状ソフトなどを経て、2000年にACCESSで自前の顧客管理システムを開発。 しかしなが ら複数端末から同時に操作すると、データが破損するなどのトラブルがたびたび発生していました。 また近年、データ容量が一杯になったこともあり、リニューアルを検討していました。
そんな中、パートナー企業のクラウドセミナーに参加する機会があり、そこでSalesforceのサービスを知りました。Salesforceは政府や銀行で使われているという安心感があり、自社の事業拡大に合わせて柔軟に拡張できるというのが魅力でした。またデータをタンス預金になぞらえ、自社で持つよりも銀行に預けたほうが安心であるという観点からもクラウドを活用しようと思いました。
代表取締役 森川 崇照氏

会社プロファイル
有限会社ピストン
https://www.facebook.com/autobacs.
所在地/熊本県熊本市南区出仲間7丁目13-8
代表取締役/森川 崇照 氏

事業内容
昭和58年11月にオートバックスの県下1号店として、浜線の地に開業。品揃えとサービスに力を入れており、特に商品分野ではタイヤの販売は加盟店で全国第2位の売上実績を誇る。また平成12年には「車検・整備センター」を設置し、1年に3,000台以上の車検をこなすなどタイヤ販売とともに事業の柱となっている。近年サービス開始したオリジナルの「ECO車検」は品質、サービスともにお客様の評価も高い。

システム導入分野
顧客管理、車検受付管理

課題
■自前の顧客管理システムは複数端末で使うとデータが破損したり不安定だった。
■事務所内に顧客データを保管しており、セキュリティやデータ流出などが不安だった。
■XP問題など機器やソフトウェアに依存しない環境が必要だった。

選定理由
■銀行や省庁が利用しているクラウドサービスという安心感。
■短期導入や容易なカスタマイズ、将来の拡張性。

効果
■車検受付業務の効率化
■車検満了予定台数などの先の予定がわかる
■来店履歴などを参考に接客に活用できるようになった
■伝票等の資料が顧客データに紐づく形で保管できる

導入前の課題

オートバックス全店では統一された顧客管理システムが稼働していますが、均一化されたシステムでは使い勝手が悪く、自社固有の顧客情報が生かせないため、これまでも独自のシステムにこだわってきました。しかし顧客データを手元に置いておくというリスクが常に気になっており、データの紛失が無いよう万全の注意払わなければなりません。店舗を改装した際に、入退室の際のセキュリティ管理などにも取り組みましたが、システムは末対応のままでした。
また、東日本大震災以来、中小企業の多くが、貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで廃業に追い込まれたことを受け、このような突発的な緊急事態への備え(BCP対策)もシステム選定には必要要件でした。

導入で解決したこと

顧客仕報をクラウド上で一元化することで、顧客情報の照会など効率化が改善されました。 まずは店内のどこでも利用できるのが気に入っています。車検受付管理も国交省の車検証のQRコードをバーコードリーダで読み込むことで入力の省力化を図りました。 また車検満了予定台数など、12ヶ月先までの予定台数を見ることができます。 先に話題となった、XP問題などソフトやハードに起因してシステム環境が左右されると いった問題も解決しました。クラウドの利点として、遠隔でも迅速にサポートが受けられ るということがありますが、やはり地方の企業としては、地元にいつでも相談できるサポート会社があるというのは安心です。


※詳細の情報はこちらからご依頼ください。PDF版事例紹介を送付いたします。

<事例2 西日本チケット様>

Salesforce上に構築したレジ機能を通して商品の仕入・販売・在庫情報を一元管理し全店共有することで、様々な課題を解決できました。

会社プロファイル
株式会社西日本チケット
https://n-ticket.jp/
西日本チケットは昭和54年8月に設立し、チケット(金券)、ブランド品・時計・貴金属の高価買取、格安販売を主な業務として、熊本県内3店舗にて営業中です。より多くの品揃えを目指し、お客様の満足度をさらに向上できる様、日々努力しています。

  • 【本店】
  • 〒862-0971
  • 熊本市中央区大江5丁目10-24
  • 電話 096-371-5000
  • 【通町店】
  • 〒860-0845
  • 熊本市中央区上通町2-30
  • ニューキクチビル1F
  • 電話 096-359-6060
  • 【東バイパス店】
  • 〒861-8028
  • 熊本市東区新南部4丁目7-43
  • 電話 096-383-5500
導入前の課題

他店舗の在庫状況をリアルタイムに把握する事が出来ない為、一日に何度も電話による在庫の問合せをする必要があり、その都度お客様をお待たせしていました。また、レジと在庫システムが分かれており2重入力をする必要がある為、入力忘れなどが発生していました。
さらに、営業終了後本店へ売上げデータをFAX送信してそこから集計しなければならず、毎日のように時間と手間がかかっていました。

導入後の効果

Salesforceで構築したタッチパネル式のレジ機能を通して1回の入力操作で仕入・販売・在庫情報の全てを管理することで、リアルタイムにそれらの情報を全店共有する事ができ、迅速なお客様対応が可能になりました。
また、店舗毎の売上集計や在庫状況が自動で集計できる為、それらを営業終了後すぐに確認する事が出来るようになり省力化につながっています。

導入事例 (セールスフォース)

京都で建築業を営む流体計画
業務をすべてSalesforceで運営

―富士屋ホテル―
老舗ホテルの営業をSalesforceが支える

―セブン&アイ・ホールディングス―
Customer Success Story

―白糸ハイランドウェイ―
Salesforceとモバイル端末で、有料道路の料金所業務を効率化

コクレア - 患者、医師、サービスチームをつなげ、"聞こえる人生" を生涯にわたって支援

©2020 Kumamoto Distribution Information Service Center Co., Ltd.